RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

VcCS DIARY

葬儀(お葬式)担当者と関係者必見!?現場応援Blog
今日のつぶやき・・・感動-Cando for Life's Celebration
<< プロフェッショナル | main | 本屋へ・・・ >>
意外な返事
0
    一昨日、地方にいるスタッフから興味深い雑誌があると知らせを受けた。ケータイ
    移動中に購入したらしいのだが、週刊ダイヤモンドの「後悔しない老後」というタイトルのものらしい。お葬式に関る記事もあったようで、市場の傾向を知るうえで大変参考になると言っていた。(お〜偉い、意識が高いと感心していた)
    事務所にいた私は、その雑誌がスタッフの手元にあるのなら、お葬式に関連する記事だけをファックスしてもらうようお願いした。スタッフは快く了解し、その日のうちに送る約束をしてくれた。FAX
    しかし、その晩は8時頃まで会社にいただろうか、頼んでおいた記事が一向に届かない。特段気にも留めず、「忙しいのかな?」と思い事務所を後にした。
    すると次の日の朝一番に、私の携帯にメールが入った。何だろうと思いながら見てみると、一昨日スタッフと話していた雑誌の表紙が写真で送られてきた。
    恐らく、「この雑誌です!」と知らせたかったのだろうが、「ふ〜ん」と思っただけで、携帯をそのまま閉じた。ふぅ〜ん

    その後、その日の午前中は打合せのため外出していた。自動車
    午後1時頃に帰社して、机の上をチェックしたが、まだ届いていない様子。もしかしてと思い、朝届いたメールをもう一度確認してみた。おや?
    するとそこには、「昨日、お話した雑誌です」と一言だけで、ファックスのことは書かれていなかった。スタッフの性格から察するに「買ってください!」と言っているのだろうと解釈しはじめた。何処でどう変わったかは知らないが、ファックスの依頼に対して快く返事をした彼はどこへ?・・・・・。バッド
    そこで、どんな行き違いがあったかを確かめるため、スタッフに電話を入れた。

    まず、そ知らぬふりをして「もしもし、昨日のファックスの件だけど・・・」、スタッフは「あれ!?メール届きませんでした?」と返答。
    “答えになっていないんだけどなぁ”と思いながら、「いやー、面白い記事があるって言ってたから待ってたんだけど!」。するとスタッフは「雑誌の表紙送ったんですけど・・・」と、またまた意味不明な返事。ムニョムニョ

    今度はストレートに、「表紙が興味深かったの?、葬儀関係の記事が面白かったんじゃないの?」と聞くと、「記事です」とはっきり答えた。
    すかさず、「そうだよね!ファックスしてくれるって言ってたから、待ってたんだけど・・・」というと、「結構な枚数になりますよ」といい訳じみたことを言い出した。唖然
    私は、「そうかあ、2、30枚くらいになるのかな?」と聞き返すと、「いや5、6枚程度です・・・、でも、もっとあるかもしれません」と返ってきた。困惑
    じゃあ送ってくれよと言いかけたが、「分かった、分かった!こちらで購入するよ!」と伝えた。そして、「でも、ファックスを送らなかった理由が分かんないよ」と加え、スタッフの「すみません」の一言を聞いて電話を切った。撃沈

    いかがでしょうか!?
    このやり取りについて愚痴を言い出したらキリがない。プシュー
    他愛も無いことかもしれないが、これが仕事のやり取りだったら、クライアントに大迷惑をかけたかもしれない。また、社内的な伝達ミスは、クライアントへの不安材料にも成りかねない。汗
    彼は、コーチングの指導者としては立派なのだが、どうも勝手な解釈をするところがある。ハラハラする時があるのだが・・・・・。
    これも仕事のうちとして、我慢強く訓練をしなければいけないのだろう!

    こんな時、以前取材をさせて頂いた「吉岡さん」を思い出す。ミュージシャンであると共に、知的障害者福祉施設「地球防衛隊☆バンブー」の所長でもある。学校
    吉岡さんの教育信念「最後まで諦めないこと、信じること、やり遂げること」という言葉が浮かぶ。そして、「健常者がポンと1歩で登る階段を、100段に刻んで3年かかったりするわけよ」と仰っていたことが思い出される。
    それを思えば・・・・・、最後まで諦めずに、やってみよう!YES!

    ちなみに、このスタッフにはブログへ掲載することを話した。
    これを読んだ彼は、どう受け止めるだろうか?果たして吉と出るか、それとも凶と出るか乞うご期待である。グッド

    最後まで読んで頂いて有難う御座います。嬉しい
    よろしかったら、彼にメッセージとしてのコメントを頂けると嬉しいです。MAIL

    応援下さい!⇒「ニュース24」の新着記事をチェック!
    | 今日のつぶやき | 08:47 | comments(20) | trackbacks(0) | - | - |
    とつぜん父の名前が出てビックリいたしました(笑)
    うちの家族は障がい者には優しいですが、健常者には厳しいですよ。1言って最低5はわからないといけません。
    私は子供の頃からそう教わってきたので、今があるのだろうと感謝してます。

    その彼に同じ事を返してみればいいんじゃないでしょうか。
    そして 彼がどう思ったかを聞いてみる。
    陰険だとかやり方が気に食わないとか言われると思いますけど(笑)
    | nao@bamboo | 2008/04/16 10:59 AM |

    おはようございます!
    私も若い時はそんなんでしたよ〜
    自分の視点から物を考えて、違うって言われたら
    言い訳をしてました。

    『何故そういうことを言われたのか』
    そういう考えをせずに
    『何故、こんなに風に考えたのに理解してもらえないんだ』
    あまりにも、自分からの視点で考えすぎてたんですね〜

    仕事とは相手に感動を与えるものです。
    その考えなら、どうすれば相手が喜んでいただけるか
    それを考えるはずです。

    サービス業を経験してこそ、分かる事がありました。
    その方も、楽しく儲かるように働くために
    少し、考え方を変える必要があると思いますね〜

    過去の恥ずかしい自分を見てるみたいです。
    | 優希 | 2008/04/16 11:20 AM |

    こんにちは、VcCSさん。
    同じような事って結構ありますよね。
    若い時の自分も、相手に嫌な思いをさせていたのではないかと反省しきりです。今は後輩の行動に思い知らされていますけどね。良い返事はしてくれるんだけど、期待していた行動と結果が微妙にずれている。(はっきり言えばまったく違っている。)何度か確認はとるんだけど、諦めてしまう自分に不甲斐なさを感じます・・・
    | あくあ | 2008/04/16 11:39 AM |

    会話中、話題が飛んでしまう人がいます
    いつの間にか話の本筋から違う話題に変わってしまいます
    本人の中では元の話題の枝葉として話している意識があるようです

    スタッフの方の場合、本を紹介することが重要であって、ついでにFAXを送ると言ってしまったものの本人の中ではFAXを送ることは重要ではなかったのではないでしょうか
    | みけにゃん | 2008/04/16 11:44 AM |

    自分で言った言葉に対して、責任感が無いですね。コメントを読んでいて腹が立ってきます。
    今の人ってメールと電話を同じに考えていますよね。
    大事なことでもメールで済ます人、考えが浅いです。
    私もそうゆう時が有りました。その時は、返事しません
    でも、これで挫けてはいけません。教育しがいが有ります。
    とことん話しあって行き違いを探しましょう。(^_-)-☆
    | イ・ヨンエ | 2008/04/16 12:09 PM |

    こんにちわーーー!

    結局ファックスをOKしたのがよくわからないですね(^_^;)
    ボクの場合も、ファックスで送るのやっぱり
    嫌だなーって思ったのなら、一言欲しいなーって
    思っちゃうかもです。
    | EXIT | 2008/04/16 3:48 PM |

    naoちゃん、コメント有難う!
    同じことをするのもいい案ですが、時間がもったいないのでそこまでしませんが、その都度、良いことと悪いことの教えないとダメなんでしょうね。
    吉岡さんやママを見習って、諦めないように頑張ります!
    | Mr.VcCS | 2008/04/16 5:21 PM |

    優希さん、コメント有難う御座います!
    ご自身の過去の行いを例えに説明して下さった内容は、凄く分かりやすくて有難いです。
    そのまま、スタッフに読んでもらいます。
    有難う御座いました!
    | Mr.VcCS | 2008/04/16 5:25 PM |

    あくあさん、コメント有難う御座います!
    あくあさんの気持ち凄く分かります。
    生意気なことを言うようですが、でも諦めては良くないようです。諦めてしまった時点で、溝が深まるばかりで関係はいっこうに良くならないからです。
    ちょっと勇気を出して伝えてみては如何でしょうか?
    私にもそんな時がありますので、お互い頑張りましょう。
    | Mr.VcCS | 2008/04/16 5:31 PM |

    みけにゃんさん、コメント有難う御座います!
    仰る通りかもしれません。
    何だか的を得たコメントに、ただただみけにゃんさんの想像力に感心と共感を覚えます。
    本当、雑誌の存在を知らせたかったのでしょう!
    まさか、ファックスを送ってくれなどと言われるとは思わなかったのかもしれません。
    | Mr.VcCS | 2008/04/16 5:35 PM |

    イ・ヨンエさん、コメント有難う!
    まあ、とにかく頑張ります。
    本人も反省していたようです!
    | Mr.VcCS | 2008/04/16 5:36 PM |

    EXITさん、コメント有難う御座います!
    そうですね、話の流れからファックスを送らなかった理由を一番最初に聞きたかったのです。
    送ってくれたら喜んだだろうし、遅れなかったらそれなりの理由を聞けば諦めただろうし、途中に会話がなかったことが残念でなりません。
    本人はそういうつもりでなかったにしろ、受け取る側にはその真意が伝わっていませんでしたからね。
    彼をヤリ玉に上げるつもりはありませんが、もう少し心遣いがあるとグッと進歩するような気がします。
    | Mr.VcCS | 2008/04/16 5:42 PM |

    よくあることかも知れませんね。
    解釈と伝達の行き違い。Mr.VcCSさんの腕の見せ所だと思います。

    ☆スタッフの方へ☆
    良い経営者をお持ちですね。羨ましいです。
    記事の最初と最後ではしっかり貴方のことを褒められていました。期待されている証拠だと思います。
    コーチングと同様、相手(Mr.VcCSさん)に答えがあります。相手の立場に立った行動をとられると、もっと信頼関係が強くなり、仕事が面白くなると思いますよ。
    | 前田竜徳 | 2008/04/16 6:34 PM |

    お互いの解釈にちょっとしたズレは
    よくある事ですよね。

    ですが、この事を通じて、
    そのスタッフの方は大きな事を一つ学んだと思います。

    そして、その対応を早くしておけば、
    相手も喜んでくれただろうと・・。

    こういう事故は、人をより良く成長させるための
    一つのイベントなのかもしれないですね。
    | takatakago | 2008/04/16 8:31 PM |

    前田さん、コメント有難う御座います!
    本当に有難う御座います。
    私が言いたかったことを全て言って下さいました。
    有難う!
    前田さん、いつかお会いしたいですね。
    いつか会いましょう!
    | Mr.VcCS | 2008/04/16 10:13 PM |

    takatakagoさん、コメント有難う御座います!
    有難う御座います。
    takatakagoさん、コメント見て、スタッフも学ぶと思います。凄く嬉しいです。
    今回、コメントを下さった方々それぞれに、いつかお会いしたいですね。
    本当に有難う御座います!
    | Mr.VcCS | 2008/04/16 10:16 PM |

     前にVcCSさんがおっしゃってたように、私はVcCSさんと会ったことは無いので、実際どんな方なのかは分かりませんが、もしかしたら嫌なヤツかも(ニヤリ)しれませんが、少なくとも、一緒に働くことで、働く意義を見出すことが出来る相手だと思います。

     志が明確で、経営努力も目を見張ります。
     経営者が、ブログで心情を吐き出し、社員に公開する。特に、悩みを隠さず公表する。

     社員も顧客も安心できる環境だと思います。

     今回の社員さんはお若いものとお見受けしますが、仕事が出来る方であれば、時間が社員さんを成長させてくれることだと思います。
     VcCSさんは、頼もしい背中を見せておけば、それでいいような気もします。
    | サキ | 2008/04/16 11:05 PM |

    おはおうございます!

    私も会いたい、必ず。
    私もそのように思っております。

    ありがとうございます。
    | 前田竜徳 | 2008/04/17 8:16 AM |

    サキさん、コメント有難う御座います!
    嬉しいお言葉有難う御座います。
    私たちは、ただ単に貴重な時間を費やして、お金を稼ぐためだけに働いているわけではないと思います。お客さま、先輩、後輩、交友関係から様々な価値観を通じて、常に働く意義を探しているような気がします。
    今回は他愛も無い社内のやり取りだったかもしれませんが、人と人とが交わす会話には、立場や状況によって解釈が異なります。だからこそ、一つひとつ大切なこととして捉えていきたいと願います。
    「俺についてこい・・・」とカッコ良く出来たらいいのですが、まだまだそこには行き着いていません。私なりに色んなことを試して頑張っています。

    でも、サキさんの言葉から自信が持てそうです。
    サキさん!いつかお会いしましょうね!
    | Mr.VcCS | 2008/04/17 4:13 PM |

    前田さん、早速の打ち返し有難う御座います!
    それにしても嬉しいですねえ。約束ですよ!
    | Mr.VcCS | 2008/04/17 4:15 PM |










    http://diary.vccs.jp/trackback/474884