RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

VcCS DIARY

葬儀(お葬式)担当者と関係者必見!?現場応援Blog
今日のつぶやき・・・感動-Cando for Life's Celebration
<< 過去最悪! | main | 受け止め方 >>
修行の準備
0
    ある葬儀社のオーナーから、跡継ぎの修行先を探してくれないかと依頼を受けた。跡継ぎといっても自社の現場を知らない。だから、「外に出て修行してこい!」ということなのだが・・・。汗
    注意すべきことは、自社では味わうことの出来ない厳しさを教えるためなのか、それとも、自社の向上を図るためなのか、修行させる趣旨を明確にする必要がある。このことをハッキリさせないと、後で大きな痛手を被るからだ。しょんぼり
    数年前であれば、オーナーが望む葬儀社をラインナップし、受入れ先を選んでもらっていた。ところが、何度か修行先をご紹介するうちに分かったことがある。それは、数年の修行を経て帰った跡取りが、自社の現場スタッフと上手に関係を保てない場合があるのだ。悲しい
    跡取りは、修行先で見てきたものを“良い事”として現場に取り入れようとする。しかし、これが現場スタッフからほとんど指示を得ない。主な理由は、現場スタッフからすると、余計な仕事を一つ増やされると思ってしまうらしい。ゆえに、自社を取り巻く環境(地域)とは合わないと決め付け、新しいことに対して抵抗を示す傾向にあるようだ。そんなことを繰り返していくうちに、それぞれの関係は次第にギクシャクしまう。結果的に、跡取りは孤立してしまい、組織としての統制が取れなくなってしまうのだ。

    初めは、当然のこととして、ある程度自社の内容を知ったうえで修行に出ているものだと思っていた。しかし、現実は白紙の状態で修行に出ていたのだ。これは大きな誤りである!バッド
    修行先でせっかく学んだことを生かせず、八方塞となった跡取りは、自社の状況を把握するまでに、かなりの時間を要してしまう始末なのだ。これでは意味がない。

    そこで今回、依頼のあったオーナーには、修行を予定している跡取りに、せめて1年間、自社の内容を把握してもらった上で、該当する葬儀社をご紹介することになった。自分の会社の状態や内容を知ることは、修行先との比較が出来るばかりか、自ずと自社に足りない事が見えてくる。また、上っ面だけでなく、深く修行先を観察することが出来るだろう。何をもって修行に臨むかにもよるだろうが、自社を知らずして他所へ飛び出してはいけない!ビル

    「ニュース24」で記事をチェック!
    | コーチング小話 | 07:33 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    おはようございます!
    改革は本当に難しいですね〜
    経験した人にしかわからない辛さです。

    今までずっと同じ事をしてきた先輩にとっては
    新しい事がたとえ正論だったとしても
    変えたくは無い。

    しかし、会社の存続がかかっているときは
    しなきゃいけない。

    だから跡取りオーナーの方が元気があって
    明るい社会を作れる人が多いんですよね〜

    自社で人間関係を築いて、自社の事を知ってから
    新しい所で良いものを見たときに、どういう風にして
    自社で取り入れるべきか、どうしたら周りを説得できるか
    考えながら吸収できますね!

    深いお話ありがとうございました!
    | 優希 | 2008/03/21 9:26 AM |

    では、私にはその跡取息子を紹介してください(笑)

    自社の仕事をした事もなく、他社で働いて修行にはならないでしょうねぇ。自社と比較して優れている部分を見つけたり、自社を見直したり出来ないと修行にはなりそうにないですよね。

    うちも後継者を育てないといけないのではないだろうか・・・
    | nao@bamboo | 2008/03/21 11:06 AM |

    優希さん、そうなんです!
    まず、自分の色をしらなければ、他の色の識別が出来ないんです。やってやろうとする気持ちは充分に分かるのですが、せっかくの苦労が空回りしてしまっては、とても残念です。まあ、それも経験のうちなのでしょうが・・・・・。
    いつも、コメント有難う御座います。
    凄く励みになっています!
    | Mr.VcCS | 2008/03/21 6:38 PM |

    naoちゃん、いつもコメント有難う!・・・感謝!感謝!
    それにしても、「では、私にはその跡取息子を紹介してください(笑)」には、笑った。というより、噴出した!
    いいですよ!どんなタイプがお好みですか?
    やはり、親父殿のような方ですか?それとも、その反対?
    う〜ん、イメージがわかない。
    まあ、それは今度ということで・・・・・。

    あと、そうですねー、跡取りねー、これが難しいんだよね。
    naoちゃんのところは、本当に難しいよね・・・・・。
    | Mr.VcCS | 2008/03/21 6:45 PM |










    http://diary.vccs.jp/trackback/444364